山田と寿司を食った。

山田がにぎりをひっくり返してネタに醤油をつけ、さらに正位置に戻してシャリに醤油をつけて食っているのだから、そんなに醤油をつけて食べるのは見苦しいし、職人に失礼だし、素材の味が分からなくなるし、粋じゃないからやめて欲しいといったら、それはそばにつゆをちょんとだけつけて食べろというのと同じ話かと問われ、美味しいと思う食べかたで食わせろというので、じゃあせめて醤油をつけるのを片面だけにするのはどうかという提案をしたところでこの話はおわった。
考えてみると粋かどうかというのは、価値観の押し付けであって、人に迷惑をかけない限り、見栄を張りたい人間だけがやればいいんじゃないかと思った。
かく言う俺も寿司をはしで食べているのでそれを気に食わないと思う人もいるだろうし、そばにはつゆをたっぷりつけるのが好きだ。
マナーと言うのは言い出すとキリがないから慎重に運用しないといけない。でも食べ物を粋に食べることはとても大事なことだと思うし、それが俺の食事観だ。
食事に関して、どうして俺はこんなに細かい事が気になるんだろうというときが昔からままあって、友人からなるちゃんはすべての事が気に食わないんだねみたいに言われたこともある。
俺は厳しい食育を受けて育った結果、親よりも魚を綺麗に食べ、親よりも好き嫌いの少ない大人になった。米を残すと目が潰れると思っている。食材やそれを作った人間を敬うのを当たり前だと思っている。しかし世の中のみんながそう言う価値観をもっているわけじゃないのだ。

4484 views and 0 responses